おすすめ

サッカーJリーグだけでなくすべてのサッカー選手の憧れである日本代表

1998年、日本はフランスで開かれたワールドカップに初出場します。その前の大会アメリカ大会ではあとわずかで出場を逃していたため、出場が決まった試合では日本中が歓喜に湧きました。そのアメリカ大会からひときわ活躍を期待されたのが日本代表です。当時は海外でプレーする選手がいなかったため、サッカーJリーグの選手だけでチームが編成されました。サッカー日本代表はすべてのサッカー選手の憧れであり、そこでプレーすることは世界へ羽ばたく大きな一歩となります。

海と空をイメージし、勝利に導く願いが込められたサムライブルー

男子サッカー日本代表のユニフォームは、長年青と白が用いられ、その青いユニフォームから2009年に「SAMURAI BLUE」が公式的な愛称となりました。1980年代までは胸には日の丸が付けられていましたが、90年代には三本足の八咫烏(やたがらす)がエンブレムとして用いられるようになり、現在までその仕様は変わっていません。八咫烏は日本の神話で神武天皇を熊野から大和までを道案内したとされるカラスで、「導きの神」として信仰されており、「勝利へ導く」という願いが込められています。

日本代表から世界のトップアスリートへ

日本代表は、海外の各国代表と戦うために集められたチームで、日本を代表するプレイヤーが招集されます。ワールドカップをはじめ、オリンピック、アジアカップ、親善試合など予選を加えると年間多くの国際試合が組まれます。日本代表に選ばれた選手は、こうした国際大会を通じて自らのパフォーマンスをアピールする大きなチャンスとなります。実際にサッカーJリーグから海外クラブチームに移籍して活躍している日本人選手も多く、世界から注目されるトップアスリートに成長した選手もいます。日本代表の一員になることは、国内で認められたと同時に、世界でも認められる可能性があるというわけです。

なでしこジャパンが世界を制覇

女子サッカーではなでしこジャパンと呼ばれる代表チームがあり、2011年には女子ワールドカップでアジアの代表チームとして初優勝という快挙を成し遂げました。この優勝によってなでしこジャパンはもちろん、なでしこリーグまで脚光を浴びることになり、観客数の拡大や選手を志望する女性の増加など、日本女子サッカーの将来に向けて底辺を押し上げる効果をもたらしました。

まとめ

サッカー日本代表は、国を背負って戦うだけでなく、観客に感動と喜びを与え、日本サッカーの未来に大きな貢献を果たします。日本代表に選ばれるのはサッカー選手の中でもほんのわずかな人で、選手にとっても大きな名誉。それだけに期待の大きさも計り知れず、全国のサッカーファンから夢と希望が託されます。

サッカーJリーグの監督・コーチはライセンスが必要

試合中、フィールドプレイヤーにあれこれ指示を送る監督やコーチの姿を目にすることも多いと思います。監督やコーチは戦術を考え、チームをまとめて勝利に結びつける役割があります。ポジショニングを指示したりや途中出場への機会を与えるなど描いたイメージ通りに試合が運んでいるかをチェックしながら、状況に応じたいろいろな戦術を繰り出していくことです。その一方で、選手のコンディションやメンタリティーにも目を向けた管理者としての役割も求められます。プロ選手を指導し、若手の育成も行なう監督・コーチだけに指導者として知識や技術も高い水準です。サッカーJリーグでは監督・コーチをライセンス制度によってランク分けし、それぞれの水準にあったコーチングができるようなシステムを確立しています。

公認S級コーチは日本代表の監督も

監督・コーチのライセンスで最上位にあるのは公認S級コーチです。サッカーJリーグの監督、日本代表チームの監督を務めるには公認S級コーチのライセンスが必要になります。その下には公認A級コーチジェネラルがあり、サッカーJリーグのサテライトチームやJFL、なでしこリーグの監督・コーチを努めることができます。以下B級、C級、D級と続き、コーチングができるチームも制限されてきます。

選手経験者でも段階を経てライセンスを取得

ライセンスを取得する場合、一般的にはD級からC級、B級とランクアップしていきます。指導者としての知識や指導力も上位に行くほど高いレベルが求められ、ライセンス取得のカリキュラムも多くなります。サッカーJリーグの監督のほとんどは選手経験者ですが、例え選手経験があってもライセンス取得は一般と同じです。ただし選手経験者はC級から受講することが多く、一般と比べるとやや短期間で監督やコーチに就任できることになります。

ゴールキーパーは単独ライセンス

ゴールキーパーは、サッカーのプレイヤーの中で唯一手が使えるポジションで、ゴールキーパーを指導するにはゴールキーパーコーチのライセンスが必要になります。A級〜C級まで3段階に分かれており、A級は18歳以上、B級は18歳未満、C級が12歳以下と指導できる年齢がそれぞれ異なります。

ライセンス制度によって優秀な指導者を育成

日本のサッカーも国際化が著しく、特にサッカーJリーグの指導者は海外選手への指導も当たり前です。そのため国内だけでなく世界のサッカーの動きや知識などを十分に把握し、世界トップ水準を意識したコーチングが強く求められるようになります。そんな中でライセンス制度は、世界で通用するチーム作りや戦術などを備えた監督・コーチを育成するためのシステムとして欠かせません。

知力・体力・人間性が求められるサッカーJリーグの審判

サッカーJリーグの試合で、選手と共に注目を集めるのが審判です。きびきびした動作と毅然とした態度、素早いジャッジで、試合の流れや行方を作るコーディネーターとしての役割があります。サッカーの審判員はJリーグだけでなくアマチュアの試合でも資格が必要で、資格を取得すればランクに応じて日本サッカー協会(JFA)やその参加のサッカー協会が主催する試合に審判を務めることができます。最高ランクの審判は、サッカーワールドカップなど国際大会の審判を務めることも。

審判の資格は1級〜4級

サッカーJリーグの審判員もピラミッド型になっており、最高クラスが1級と女子1級、その下に2級、3級、4級とあり、それぞれ審判を務められる試合に制限があります。1級は日本サッカー協会が主催する試合で、Jリーグ、国際大会などがあります。女子1級は女子サッカーに限られますが、国際試合での審判を務めることができるのです。2級は関東や関西、中部など全国各地域のサッカー協会が主催する試合を担当し、3級ではさらに細分化されて都道府県ごとのサッカー協会が主催する試合の審判を行ないます。1級審判員の資格を取るには、4級から1段階ずつ上がっていくしかなく、実践での経験を積んでランクアップを達成しています。

優れた審判員を育てる養成機関

日本サッカー協会では、審判員の育成・強化や地域のサッカーレベルを向上させるため審判トレーニングセンターを開設し、優秀な審判員の育成事業に当たっています。さらに世界に通用する審判員を短期間で育成するためにJFAレフェリーカレッジも設けているのです。サッカーは世界のほとんどの地域で親しまれ、各国でサッカーリーグがあります。国内だけでなく将来的に世界で活躍できるトップレフェリーの育成が急務と考えられ、こうした養成機関も整備されています。

審判に求められるのは多くの知識と素早い判断力

サッカーの審判員にはサッカーに関する全般的な知識はもちろん、社会性や人間性などさまざまなものが求められます。競技そのもののルールや論理的・実践的な知識、判定を下すための見極めやポジショニング、ゲームをスムーズにコントロールするためのマネジメント力は必要不可欠。さらにはゲームの間走り続けるための運動量や体力、選手からのクレームに対してひるまない強いメンタリティーなど強靱な心身を身に付けなければなりません。試合を多くこなすことで、審判員としての技術も上がり、信頼性も向上します。

まとめ

サッカーの試合では選手に目が行きがちですが、審判員にも注目して観戦するのも面白いかも知れません。際どいプレーにどう対処しているか、選手からのクレームにどう対応しているかなど、ゲームを通して見てみると審判員の役割を再認識できるでしょう。

サッカーJリーグでピラミッドの頂点を目指す

国内のプロサッカーチームはJ1からJ3まで全部で57あり、すべてのチームがサッカーJリーグに加盟しています。さらにその下にはアマチュアリーグの日本フットボールリーグがあり、JFLを筆頭に9つの地域、47都道府県と底辺が広がっています。その組織体系を見るとピラミッド型で、プロリーグではその頂点を目指すために競い合っているのです。

華やかステージとサッカー選手のステータスであるJ1

サッカーJリーグのJ1はピラミッドの最高位に位置し、毎年全18チームがその頂点を目指します。J1各チームは大勢のサポーターに支えられ人気もトップクラス。国際大会も開催できるスタジアムを持つなど国内最高峰のプロリーグです。技術やスピード、ゲーム運びなども高いレベルを有し、優秀で人気の高い選手も集まっています。しかし成績が悪いと下部のJ2に降格してしまうため、強豪チームが揃っているとはいえ、選手たちは常に必死のプレーでリーグ戦を盛り上げます。

地域と密着しJ1を目指すJ2、J3

J2はJ1昇格を目指す全22チームがひしめく大混戦のプロリーグです。J1から降格したチームもあり、J1チームに引けを取らないほどの実力あるチームが揃っています。J3は2014年度に設置された新しいリーグで、在籍するチームも設置に合わせてJリーグに加盟したチームが多く見られます。J1チームのほとんどが大企業をスポンサーにしていることに対し、J2、J3は地元企業や市民によって支えられているチームが多く、地域との交流も盛んです。地域に根ざしたクラブ運営であるため、地域住民と一体感を感じさせてくれるのがJ2、J3の大きな魅力と言えるでしょう。

アマチュアリーグの最高峰であるJFL

JFLは主に企業クラブや市民団体による社会人チーム、大学のサッカー部などが加盟しているアマチュアリーグです。ピラミッドではJ3と同等の位置づけとなっており、プロ化を希望しないチームによって構成されています。アマチュアリーグといってもレベルは高く、プロとアマが対戦する天皇杯では、JFLのチームがJ1リーグを破る番狂わせも珍しくありません。JFLの下には北海道から沖縄までの地域を8つに分けた地域リーグ、その下には47都道府県のリーグがあり、アマチュアリーグだけでも28,000ものチームがあるといわれています。

サッカー人口の増加がピラミッドの底辺を支える

このようにサッカーの組織体系はプロリーグのJリーグから各都道府県のクラブチームまでが一つのピラミッドを形成しています。1993年にサッカーJリーグが誕生してからサッカー人気が高まると同時に、若い世代を中心にサッカー人口も増え続け、ピラミッドの底辺を支えています。その多くは明日のJリーガーを夢見る人たちで、日本のサッカーの未来も支えていると言えるでしょう。

これだけは知っておきたいサッカーJリーグ観戦のマナー&ルール

スピーディーなパス回しや手に汗握るセットプレーなど、サッカーJリーグの試合は一瞬たりとも目が離せません。そしてゴールを決めた瞬間には、スタジアムが大歓声に包まれます。スタジアムでの観戦は、フィールド全体が見渡せ、さまざまなプレイヤーの動きがよくわかり、臨場感のある試合展開が楽しめます。そして歓喜の一瞬を大勢の人と共有できるのも大きな魅力ではないでしょうか。そんなスタジアムで観戦ではいくつかマナーとルールがあります。心から試合を楽しむためにはマナーを知り、しっかり守るようにしましょう。

入場時に注意したいこと

スタジアムに入る時、持ち込み禁止されているものがあります。花火や爆竹、発炎筒などの危険物は持ち込むことはできません。ビンや缶類など当たるとケガをするものも禁止されています。この他に盲導犬と聴導犬を除く動物・ペットを連れての入場はできません。入場ゲートでは手荷物検査が行なわれますので、スムーズに入場できるよう手荷物は最低限にしておくと良いでしょう。

マナーを守った応援を

スタジアムに入ると、ホームチームとアウェイチームで座席がくっきり分かれ、試合開始前から両サポーターも熱烈な応援合戦を繰り返します。スタジアムの壁面には横断幕や垂れ幕を貼ることもありますが、他の観戦者の邪魔にならないよう、各スタジアムで所定の場所が設けられています。横断幕や垂れ幕はあくまで選手に熱いエールを送るためのもので、政治的なメッセージや差別や相手チームを侮辱する内容のものは貼ることができません。また2階席や3階席などで身を乗り出して応援旗を振ることも安全上の配慮から禁止されています。

試合の妨げをしないように

試合が始まると、選手は審判員の笛でプレーを始めたり止めたりしますので、ホイッスルなどの笛やサイレンなどの使用は、試合の妨げになるため禁止されています。また、試合中にフィールドに降りたり、ものを投げたりする行為も試合続行に支障を来すため、絶対にしないようにしましょう。試合の終盤や1点を争う白熱した時は、サポーターもヒートアップしますが、この時に相手チームサポーターといざこざを起こさないように気をつけ、トラブルが起きてもあまり関わらないようにしましょう。

正しいマナーで楽しく観戦

サッカーJリーグの観戦で大切なことは、スタジアムにいる全サポーターが試合に集中できることです。サポーター側にトラブルがあるとせっかく良い試合でも台無しになることもあります。観戦する時は決められたルールとマナーを守って、楽しい時間を過ごしましょう。

サッカーJリーグのレプリカユニフォームを着れば、気分はJリーガー

サッカーJリーグの試合を観戦すると、サポーターたちが選手と同じユニフォームを着て必死に応援する光景が見られます。これはレプリカユニフォームと言って、それぞれのクラブチームなどが発売しているファン向けのユニフォームです。少しでも選手を身近に感じたい、選手と同じものを身に付けたいというファン心理をくすぐるレプリカユニフォームは、ファンの間では贔屓チームの応援に欠かせないアイテムとなっています。

お気に入りのチームを応援するなら身に付けたい

レプリカユニフォームは、選手が実際に身につけるユニフォームとほぼ同じデザインになっているのが大きな特徴で、これを着ることでチームの一員になった気分が味わえる他、大勢で着ることにより一体感が出ます。熱狂的なファンが集まるホームスタジアムでは、レプリカユニフォームを着たファンによって観客席全体がチームカラーで染まり、地元チームを後押しします。ホームでもアウェイでもお気に入りのチームを応援する場合は、ぜひレプリカユニフォームを身に付けて応援しましょう。

Jリーグオフィシャルショップなどで入手

レプリカユニフォームは、選手が実際に身につけるユニフォームとほぼ同じデザインになっているのが大きな特徴で、各クラブチームのオフィシャルショップやチーム・ホームページ内にあるオンラインショップなどで購入することができます。背番号もお気に入りの選手と同じものを選ぶことができますし、特定の選手を決めずチーム全体を応援したい場合は背番号がないものも選べます。

海外クラブチームのレプリカユニフォームも充実

レプリカユニフォームはサッカーJリーグだけでなく、日本代表、なでしこジャパンも発売されています。またサッカー専門店や大規模スポーツ店などでは、海外クラブチームのレプリカユニフォームも揃っているので、世界の有名選手たちと同じユニフォームを身に付けることもできます。各クラブチームとも毎年ユニフォームのデザインが変更されるので、1年ごとに買っておけばお気に入りチームのユニフォームの変遷もわかります。

親子で着用してスタジアムで観戦しよう

サッカー関連グッズの中でもレプリカユニフォームは最も人気のある商品。選手と同じユニフォームに袖を通すだけでもテンションはグーンと上がります。大人用だけでなくキッズ用のレプリカユニフォームもありますので、親子で着用してスタジアム観戦をするのも良いでしょう。

サッカーJリーグの魅力が十分に詰まったスタジアム

サッカーの魅力を味わいたい人は、ぜひスタジアムに足を運んでみましょう。スピードと迫力あるプレーや各選手の個人技、サポーターたちの応援など、試合前から試合後まで見どころがいっぱい。スタジアムの中にはグッズや軽食などの売店もあるので、試合観戦だけでなく、スタジアムそのものを楽しむこともできます。サッカーJリーグを楽しむにはやはり、スタジアムでの観戦が一番。さぁ、家族や友達を誘ってスタジアムへ行きましょう。

ビッグクラブにふさわしい大規模なスタジアム
サッカーJリーグのクラブチームは、ホームグラウンドとなるスタジアムを持たなければなりません。J1であれば15,000人以上、J2であれば10,000人以上と収容人数が規定されており、ビッグクラブになるほど大規模スタジアムを持つことになります。埼玉スタジアム2002や茨城県立カシマサッカースタジアムなどは収容人数が40,000人規模となり、国際試合も開かれています。こうした大きなスタジアムはトイレや売店などの設備も充実しており、試合以外の楽しみも増えます。また日産スタジアムのように雨天でも快適に見られるよう観客席部分に屋根が設置されているスタジアムもあります。 

ピッチに近いスタジアムなら臨場感も高く、迫力満点
スタジアムによってフィールド面積もさまざま。小さい面積であればそれだけピッチと観客席が近くなり、すぐ目の前で迫力あるプレーを見ることができます。また、選手や監督・コーチの会話などが聞こえてきたりするので、臨場感もたっぷりです。

その土地ならではのグルメも堪能
スタジアムには地元チームのグッズを販売するショップや飲食物を提供する売店などもあるので、それらのお店ものぞいてみましょう。スタジアムごとに販売しているものが異なり、地方のスタジアムではその土地の名産や名物が販売されているところも少なくありません。いろんなスタジアムでそれぞれのグルメを味わう楽しみ方もあります。

多目的に利用されるスタジアム
サッカーJリーグのスタジアムはそれぞれ独創的で、各市町村のシンボル的な役割も持っています。そのためサッカーの試合以外にもラグビー場や陸上競技場を兼用したものも多く、市民参加のスポーツ大会なども開かれています。また大規模なスタジアムではコンサートやイベントにも利用され、いつもと違うスタジアムの表情を見ることができます。今やスタジアムは、サッカーの魅力だけでなく、他のスポーツや文化など多くのことを体感できる場所であると言えます。

JリーグアカデミーはサッカーJリーグへの入門コース

サッカーJリーグでは、一人でも多くのJリーガーを輩出するために、下部組織に育成を目的とした「Jリーグアカデミー」を持つことが義務づけられています。このJリーグアカデミーは、1種(トップ・サテライトチーム)、2種(ユースチーム)、3種(ジュニアユースチーム)、4種(ジュニアチームやスクール、クリニック)と年代に応じて4つのカテゴリーに分類され、各カテゴリーに合わせた指導や育成が行なわれています。特に小学生や中学生などは、サッカーの基礎から応用技術まで習得でき、明日のJリーガーを目指す人たちの入門コースと言われています。

各クラブチーム一貫した指導方法で育成

Jリーグアカデミーは、2001年に作られた「選手育成プロジェクト」を具体化し、日本サッカーの強化や人間形成、地域スポーツ振興を目的に、2002年から始められました。ここでは年代別の選手育成だけでなく、学校や地域との関係づくり、指導者の養成・確保などまで含まれています。サッカーJリーグの加盟クラブがそれぞれ育成センターを持ち、将来のJリーガーを育てるために一貫した指導と、地域と連携した育成環境づくりなどが行なわれています。

年代別のカテゴリーで結果を出せば夢が広がる

現在サッカーJリーグで活躍している選手たちの半数は、Jリーグアカデミーの出身と言われ、成長に応じて各カテゴリーでステップアップしてきました。Jリーグアカデミーはクラブチームにとって原石を磨く場所であり、参加してきた人たちに大きな期待をかけています。ここで活躍した未来のJリーガーたちはU-15、U-18、U-23といった年代に応じた国際大会に出場し、さまざまな経験を積み重ねていくのです。時には海外のクラブチームからも誘われるケースもあり、Jリーガーだけでなく世界へと羽ばたくチャンスでもあります。

子どもをJリーガーにしたい親には最適な育成機関

育成機関を整備・強化することは、そのままクラブチームを強くすることにつながるため、各クラブチームも重点を置いて取り組んでいます。クラブチームによってはJ3に参入して、実践を通した育成を主体にしているところもあり、新たなJリーガーの活躍に大きな期待が寄せられています。2018年からは試合への出場機会が少ない18歳から23歳の選手を対象に、「サッカーJリーグ育成マッチデー」もスタート。出場試合に応じてポイントが付与され、その順位でJリーグからクラブチームに育成奨励金が与えられます。選手としてだけでなく人間形成も目的としているので、自分の子どもをJリーガーに育てたい親は、まずJリーグアカデミーの門を叩いてみましょう。