出場停止まであるサッカーJリーグの反則行為

ボールを取り合うサッカーは、選手同士の接触も多く、時にはラフプレーが出ることもあります。意図的でなくても、審判員が危険なプレーやルール上行なってはいけないプレーに対し、選手やチームにペナルティーを科します。こうした反則行為によって、ゲームの流れが変わったり戦術的な損失にもつながったり、試合の行方を左右する場合もあるのです。サッカーJリーグの審判員は一瞬一瞬のプレーに集中し、反則行為、不正行為を正しくジャッジしています。

相手にフリーキックを与える反則

反則行為もさまざまな場合があり、オフサイドやバックパスによるゴールキーパーの手でのキャッチ、ボールを保持していない場合に相手の動きを妨害する行為など戦術的なミスでは間接フリーキックが相手に与えられます。またボールを手で触れたり、ボールに触れずに相手を倒したりする場合などは直接フリーキックが与えられ、相手ゴールに至近距離の場合は直接ゴールを狙うことができます。

ラフプレーにはイエローカードやレッドカードも

悪質な反則や反スポーツ的な行為、試合の遅延行為などにはイエローカードが選手個人に宣告され、選手は一定の累積枚数に達するとその後の試合に出場できなくなります。またイエローカードを同じ試合で2枚受けた場合や極めて悪質反則をした選手についてはレッドカードが宣告され、即退場となります。イエローカードやレッドカードが提示されるのは選手だけではありません。審判員のジャッジに不服を唱えた場合や選手・審判員を侮辱した場合は監督やコーチにも宣告されます。

反則への報復はかえって重いペナルティーに

サッカーの試合では、相手の選手に反則行為を受けた選手が、報復行為をすることを禁じています。ドリブルでタックルを受けて倒れ込んだ時に相手の足を蹴ったり、侮辱を受けた相手に言い返したりするなどといったことは審判員がスポーツマンシップから逸脱した行為と見なし、反則行為をした選手と報復行為をした選手の両者にイエローカードを提示することがあります。サッカーJリーグでも軽度な反則行為への報復により、かえって重いペナルティーを科せられることも珍しくありません。

反則行為が戦術の一部となる場合もある

反則行為はできるだけ慎まなければなりませんが、時には反則行為によって相手の決定機を阻止したり、自らのピンチを回避したりするケースも。サッカーJリーグや国際大会では一瞬のプレーが得点に直結するため、例えばJ1昇格やJ2降格を決める試合や、ワールドカップ出場を決める試合などポイントとなる試合では、1点がその後のチームの未来を左右します。相手の得点を阻むためにどうしても反則行為を犯してしまうケースもよく見られます。こうした反則行為は選手個々の判断になりますが、チームのためにやむを得ず反則で逃げることも戦術の一部といえるでしょう。