知力・体力・人間性が求められるサッカーJリーグの審判

サッカーJリーグの試合で、選手と共に注目を集めるのが審判です。きびきびした動作と毅然とした態度、素早いジャッジで、試合の流れや行方を作るコーディネーターとしての役割があります。サッカーの審判員はJリーグだけでなくアマチュアの試合でも資格が必要で、資格を取得すればランクに応じて日本サッカー協会(JFA)やその参加のサッカー協会が主催する試合に審判を務めることができます。最高ランクの審判は、サッカーワールドカップなど国際大会の審判を務めることも。

審判の資格は1級〜4級

サッカーJリーグの審判員もピラミッド型になっており、最高クラスが1級と女子1級、その下に2級、3級、4級とあり、それぞれ審判を務められる試合に制限があります。1級は日本サッカー協会が主催する試合で、Jリーグ、国際大会などがあります。女子1級は女子サッカーに限られますが、国際試合での審判を務めることができるのです。2級は関東や関西、中部など全国各地域のサッカー協会が主催する試合を担当し、3級ではさらに細分化されて都道府県ごとのサッカー協会が主催する試合の審判を行ないます。1級審判員の資格を取るには、4級から1段階ずつ上がっていくしかなく、実践での経験を積んでランクアップを達成しています。

優れた審判員を育てる養成機関

日本サッカー協会では、審判員の育成・強化や地域のサッカーレベルを向上させるため審判トレーニングセンターを開設し、優秀な審判員の育成事業に当たっています。さらに世界に通用する審判員を短期間で育成するためにJFAレフェリーカレッジも設けているのです。サッカーは世界のほとんどの地域で親しまれ、各国でサッカーリーグがあります。国内だけでなく将来的に世界で活躍できるトップレフェリーの育成が急務と考えられ、こうした養成機関も整備されています。

審判に求められるのは多くの知識と素早い判断力

サッカーの審判員にはサッカーに関する全般的な知識はもちろん、社会性や人間性などさまざまなものが求められます。競技そのもののルールや論理的・実践的な知識、判定を下すための見極めやポジショニング、ゲームをスムーズにコントロールするためのマネジメント力は必要不可欠。さらにはゲームの間走り続けるための運動量や体力、選手からのクレームに対してひるまない強いメンタリティーなど強靱な心身を身に付けなければなりません。試合を多くこなすことで、審判員としての技術も上がり、信頼性も向上します。

まとめ

サッカーの試合では選手に目が行きがちですが、審判員にも注目して観戦するのも面白いかも知れません。際どいプレーにどう対処しているか、選手からのクレームにどう対応しているかなど、ゲームを通して見てみると審判員の役割を再認識できるでしょう。